介護腰痛予防完全マニュアル|認知症の介護に困ったら

認知症の介護をしていて一番困るのはやはり腰痛。高齢者と言っても一人の人間を抱えるのは本当に大変です。腰痛をほっとくとあなたが動けなくなってしまいます。このサイトでは介護の際の腰痛を予防するためのさまざな方法について解説します。

介護の腰痛を予防できる腰痛ベルト・コルセットの選び方

f:id:brainexpert122:20170429095017p:plain

介護には腰痛がつきもの。

でもいろいろ予防法を試してもなかなか簡単に治るものではありません。

腰痛は治らなくても介護の仕事、家族の介護はでどうしても待ってくれません。

そこで腰の痛みに悩んでいるあなたにオススメなのが腰痛ベルト・コルセットなんです。

当たり前ですがベルト、コルセットを巻くだけで痛みが軽くなり、介護するときも少し楽になります。

でも腰痛ベルト・コルセットはちゃんと選ばないと逆に腰痛が悪化するもと。

今回は介護の腰痛を予防するための腰痛ベルトやコルセットの正しい選び方について調べてみました。

介護の腰痛は予防できるの?

介護に関わる人はどれだけ予防に努めていて発症してしまうことが多いのが腰痛です。

腰を傷めないためにボディメカニクスやキネステティックなど次々と取り入れらていますが、それでも介護の際には腰に負担がかかってしまうことは避けられません。

でも介護職や家族の介護をしている人に限らず腰痛に悩まされている人はたくさんいます。

だから腰痛ベルトやコルセットが人気であり、必須アイテムとして販売されています。

介護の際も腰痛ベルト・コルセットをうまく活用することとをオススメします。

 

でも腰を守る腰痛ベルトやコルセットは本当に様々な種類があるので、選び方に迷ったことないですか?

介護の腰痛に困っていて、予防方法を取り入れてもなかなか改善しない場合にはどんな腰痛ベルトやコルセットを選んだらいいのでしょうか?

腰痛ベルト・コルセットの選び方

基本的には腰痛ベル・コルセットとともに名前は違いますが同じものを指しています

違いは一般的な会社などから販売されているタイプを腰痛ベルトとよばれており、医療機関などで販売されているものをコルセットと呼んでいます。

介護の腰痛を軽減するという役割は同じであり、どちらの名前の製品を購入しても問題ありません。

腰痛ベルト・コルセットの役割

基本的に腰痛は動くと痛みがでる病気です。

腰痛ベルト・コルセットは腰の筋肉を圧迫して固定することで動きを制限し、腰の動作を軽減させる事で痛みを和らげます

さらに腰に巻く事で腹腔内の圧を高め腹筋、背筋の負担を軽減して痛みを取る効果もあります。

腰痛ベルト・コルセットの種類

腰痛ベルト・コルセットには大きく分けて簡易タイプ軟性コルセット硬性コルセットの3種類があります。

簡易タイプ

コルセットの中でも、スポーツ選手などが使用している手軽で動きを妨げないタイプを「簡易コルセット」「簡易腰痛ベルト」と呼んでいます。

だいたい3,000円程度で売られており、スポーツ用品店などで見つけることができます。

伸縮性がありそれ故に動きが妨げられないので介護の仕事には非常に便利です。ただし簡易的な分腰を固定させる力もないので、既に腰を傷めている人というよりは、その心配があって予防したい人にお勧めです。

軟性コルセット

既に介護の際に腰の痛みがあり、ある程度腰を固定させて無理な動きを防ぎたい場合には、「軟性コルセット」がお勧めです。

軟性コルセットとよばれているものが一般的な腰痛ベルト、コルセットであり、非常に多くの人たちが愛用しています。

ある程度柔軟性を持たせて体を動かせるようになっていて、簡易コルセットよりもしっかりしているので腰へのサポート力もあります。

インターネットで探せばドクター考案の効果の高いコルセットを見つけることもできるので、腰痛をカバーしながら仕事を続けたい人は探してみて下さい。

硬性コルセット

軟性コルセットより腰のサポート力が強く完全に腰を固定させることのできるのが、「硬性コルセット」です。

これは腰痛圧迫骨折や椎間板ヘルニアの患者にも使用される硬い素材のコルセットで、支柱入りで腰椎にかかる負担を軽減し痛みを抑えます。

硬性コルセットは病院で3割負担で購入することができますが、このコルセットのお世話になるほどの腰痛であれば、そもそも介護の仕事は休むようになるでしょう。

 

現時的には予防を考えるのであれば簡易タイプ、腰痛が結構ある場合には軟性コルセットを選んで使用することをオススメします。

介護の仕事を続けるのであれば腰に負担がかからない腰痛ベルト・コルセットを使用することをオススメします。