介護腰痛予防完全マニュアル|認知症の介護に困ったら

認知症の介護をしていて一番困るのはやはり腰痛。高齢者と言っても一人の人間を抱えるのは本当に大変です。腰痛をほっとくとあなたが動けなくなってしまいます。このサイトでは介護の際の腰痛を予防するためのさまざな方法について解説します。

介護の腰痛を予防するための腰痛予防ベルトはこれ!

f:id:brainexpert122:20170430151321j:plain

介護はいつも大変です。

移動、清拭、食事の介助など様々あります。

この時にどうしても起こりやすいのが腰痛。

腰を痛めてしまうと最初の頃は本当に痛くて、動くこともできません。

でも介護の仕事、家族の介護はなかなか休めません。

だから腰痛持ちの多くの人が腰痛ベルトを購入してその場をしのいでいます。

ただたくさんの種類があり、値段もまちまちでどれを選んだらいいか迷う事ないですか?

今回はあなたの腰にあった腰痛ベルトを選んでいただくために格安で安心の腰痛ベルトをご紹介します。

介護の際に使いたいおすすめ腰痛予防ベルト

f:id:brainexpert122:20170430151353j:plain

介護に従事している人で一番多いのが腰痛

腰を痛めてしまうと介護どころか歩いたり、トイレに行ったり、食事を作ったりなど普段の生活も辛くなります。

だから本当に多くの人が腰痛予防ベルトやコルセットなどを使っています。もしかたらあなたも試したことがあるのではないでしょうか?

でも知っていましたか!

腰痛ベルトは腰の状態痛みの状態介護の仕事の状態でどれを選ぶのか変わってくるんです。

腰痛予防ベルトもただ使えばいいというものではありません

全くあっていないものを使うと逆に腰に負担がかかるケースもあります。

だからあなたにあったものをしっかりと選んでいただく必要があります。

腰が痛くて動けない、腰に持病がある人の腰痛ベルト

ぎっくり腰の急性期ギックリ腰を何度も繰り返す人介護の際にどうしても痛みが走りつらい人椎間板ヘルニアなどの腰の持病がある人で介護だけでなく、普段の生活にまで支障が出ている人が対象になります。

このような人の場合には、しっかりと腰、骨盤の両方を固定するタイプが必要です。

腰周りをしっかりと固定することで腰周囲の筋肉を圧迫し、さらに腰椎を安定化させることで痛みを和らげます。

またお腹もしっかり圧迫できるため腹筋、背筋を力強くサポートしてくれて動きが楽になります。

腰痛ベルトはあなたの腰の保護、さらには普段の生活を困らないようにするためには非常に重要です。

痛みがひどくて普段の生活もままならいけど介護を続ける必要がある場合には、固定が大事です。だから安心できるメーカーのしっかりしたものを購入することをおすすめします。

このタイプのものは楽天、AMAZONではほとんど販売しておらず、病院で購入するかもしくは専門サイトでの購入しかありません。

 

皮膚感覚(R) サポーター腰・骨盤

腰、骨盤共にしっかりと締めるつけるタイプです。

腰の筋肉、骨盤周囲の筋肉を固定して、腰椎の動きを制限。さらに後ろからしっかりと腰を支えてくれます。

非常に薄く、動きやすいタプであり、服の上からも目立ちません。

どうしてもぎっくり腰だけでも仕事をしないといけいない人、腰の痛みが強い人にはおすすめです。 

腰が痛いけど介護が休めない人におすすめ

f:id:brainexpert122:20170430122007p:plain

 

バックレスキューツインベルトチタン

腰、骨盤をダブルで固定。さらには腰全体に巻くタイプであり、しっかりとお腹も抑えて、腹筋のサポートも完璧です。

全体的にしっかりした構造で体全体をしっかりとサポートしてくれます。

ぎっくり腰の急性期、腰の持病があって動作時には常に痛みがある人にはおすすめです。

やや厚みがあり介護の際には目立ちますが、ただ腰の痛みは非常に楽になり、動きやすくはなります。

本当に痛みを軽くしたい人におすすめ  

f:id:brainexpert122:20170430123100p:plain

 腰痛は中等度で普段の生活は大丈夫だけど介護の時には痛い人向け

普段の生活では問題なけれども、介護の仕事の際に若干痛みが走る、介護の際に腰が痛いという人が対象になります。

どうしても介護時の動作で痛い、重たいものを持つと痛みが走るなど介護の際の腰痛に困っている場合は、通常のタイプの腰痛ベルトを選びましょう。

腰全体をしっかりカバーして、通気性がよく、脊椎を支えるプレートが入っていることが理想的です。

おすすめはメーカーはmizunoもしくはmarumituのものが信頼できます。

腰痛ベルトはamazon、楽天、ベルト販売のサイトなどどこで購入しても同じですが、なるべくいいものを安く購入しましょう。

 

バックレスキューベルト メッシュ(marumitu)

販売数も多く、簡単にどこでも購入できる腰痛予防ベルトです。普段の生活に支障はないけども、介護の動作の時に痛みが出る人にはおすすめです。

痛みがない時、介護の時以外には外すようにしてください。

直販サイトでは若干高めですが、一番人気のある商品のため楽天、AMAZONでも購入可能。その中でも一番安く買えるのが楽天のこのショップ。

送料込みで5000円が3740円で購入可能


 

 ・MIZUNO 腰部骨盤ベルト

スポーツメーカーが開発した腰痛予防ベルトです。アスリート向けに作られており、軽く、薄目の素材で通気性良好でとにかく動きやすい。

介護の中では動きが多い人におすすめのベルトです。

ただし若干値段が高くなりますが、腰痛で病院にかかったり、薬を購入することを考えらば安いのでは?


 

腰痛は軽いが、慢性的に痛い、腰痛を繰り返すので予防に使いたい人向け

腰痛が軽い時期には腰痛ベルトを使用せずにストレッチや体操をうまく取り入れていき、しっかりと予防に心がけることが重要です。

ただ慢性腰痛の人や腰痛を繰り返す人は痛みの恐怖が心配です。

だから不安を取り除くため、軽いサポターを使いたい人はソフトタイプの腰痛ベルトかもしくはサポーターなどを使用しましょう

これらは腰痛がひどい時にはほとんど役に立ちません。あくまでも軽い痛み、予防などのために利用してください。

 

・腰痛サポーター(本格的に予防を考える人用です。)

 もともと腰痛を繰り返す人、今は大丈夫だけど介護の時が不安という方向けにおすすめのサポーターになります。

基本的には一般的な腰痛ベルトのようにあまり強い力で圧迫する必要はなく、背部のサポートも必要ありません。わずかに圧迫させて適度に筋肉を緊張させることで予防に繋がります。


 

・バックレスキュー ソフト(通常の腰痛ベルト)

素材はメッシュでかなり軽く、しかも全体的にソフトです。

腰に違和感があって不安、しっかりと予防しておきたいという人向けです。ただし背部の支えが弱く、痛みが強い時には不向きです。

あくまでも介護の際に腰を痛める可能性が高い人が使用してください。


 

介護の腰痛予防に腰痛予防ベルトがベスト!

介護の腰痛の時には、腰痛ベルトを使うことをおすすめします。

ただし痛み、病気などのあなたの状態によって使用できるベルトが違うことを頭にいれておき、必要時にあったものを使うようにしてください。

あと腰痛予防ベルトはあくまでも痛みがある時の補助にすぎません。必ず痛みがない時期にはストレッチや体操を取り入れていきましょう

またベルトは長期的な使用は筋肉低下のリスクがあります。

あなたの腰痛と相談しながら、日頃から十分考えてから使うようにしてください。