介護腰痛予防完全マニュアル|認知症の介護に困ったら

認知症の介護をしていて一番困るのはやはり腰痛。高齢者と言っても一人の人間を抱えるのは本当に大変です。腰痛をほっとくとあなたが動けなくなってしまいます。このサイトでは介護の際の腰痛を予防するためのさまざな方法について解説します。

腰痛ベルトをうまく使って、介護の腰痛を予防する方法とは?

f:id:brainexpert122:20170501140922j:plain

腰痛。

介護に携わる人が一番辛くて悩む病気の一つです。

一般の人でも風邪についで一番多い症状であり、全ての人が悩んでいます。

だから少しでも腰痛に悩まないようにするには腰痛を予防するしかありません。

今回は腰痛ベルトを使ってうまく介護の際に腰を痛めないようにする方法について

解説します。

腰痛ベルトやコルセットで腰痛を予防!

介護に腰痛はつきものです。

だから腰痛を悪化させないように、さらには予防するために腰痛ベルトやコルセットをしているという人は珍しくありません。

腰痛ベルトやコルセットのメリットは患部である腰を固定し、炎症部分をできるだけ不必要に動かさないようにして治癒を早め、痛みのでる姿勢をとってしまわないようにして予防することです。

だから今現在腰の痛みを感じていない人でも介護職であれば是非とも1つは持っておきたいアイテムです。

腰痛は腰痛ベルトやコルセットを上手に使って予防することが大事です。

腰を痛めないように、しっかりとしたベルト・コルセットを選ぶ

腰痛ベルトやコルセットは非常に痛みを取る効果が優れており、介護で腰痛に悩んでいる人には本当におすすめです。

だから多くの人達が腰痛予防ベルトやコルセットを購入しており、使っています。

 

でも実は、ほとんどの人が何も気にせず腰痛ベルトやコルセットを買っています。

あなたはちゃんとしたものを選んでいますか?

 

腰痛ベルトも安くて簡単なものはそれなりの効果しかありません。

腰痛がひどいけど仕事が休めない、普段のちょっとした動作でも痛みが走る人などはちゃんとした腰痛ベルトを購入することが腰痛を予防する方法になります。

 どんな腰痛ベルト・コルセットがいいの?

今おすすめは、背部にしっかりとした補強素材が挿入されているタイプのものが評判が非常に高い!

その中でも、チタンの板状の補強素材が背部にくる部分に備わっているものがおすすめです。

チタンが挿入されたベルトのメリット

まずはチタンの板が脊柱の歪みを整え補強してくれます。

さらにチタンは肩こり対策グッズなどにも使用されている通り、プラスイオンとマイナスイオンを発生させ血流を良くすることで保温性を高める効果があります。

従ってベルトで物理的に腰を固定させるだけでなく、チタンによって腰を温めることで腰にかかっている負担を軽くし痛みを軽減させることができます。

そして両側のベルトを締めれば腰全体がしっかり固定することが可能であり、動きによる痛みも軽減してくれます。

 チタンが挿入されたベルトのデメリット

ただしチタンが挿入されたタイプのものにもデメリットはあります。

チタンが挿入された腰痛ベルトは腰を若干だけ「温める」という特徴があります。そのため同じ腰痛でも「冷やして治す」タイプのものにはちょっと工夫が必要です。

例えば筋肉疲労や腰椎の変形、骨粗しょう症などの腰の怪我による急性の痛みの場合には患部が炎症を起こしています。

だからこの場合には背部にチタンが挿入されているものだった場合には温めてしまう可能性があり、他の腰痛ベルトを使うか、外用薬を併用してからベルトを使用する必要があります。

一方慢性的に腰に負担をかけた為に起こっている腰の筋肉の凝りや冷えによるものであれば、治療は温めることが基本になるためチタンが挿入されているものの方が効果を発揮します。

 

 腰痛ベルトやコルセットをしっかり予防に役立てるためには、あなたの腰痛の状況が非常に重要です。

しっかりとあなたの腰の症状にあった腰痛ベルトを購入するようにしましょう。

そうすることであなたの腰痛をしっかりと予防してくれます。

kawaiidoubutusokuhou.hatenablog.com

 

腰痛ベルト・コルセットはあなたの症状にあったものを選んでから購入してください。

そうすれば腰痛予防の強い味方になってくれます。